« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月26日 (水)

犯罪人生ライフイズクライム・・・

はい。
犯罪人生ライフイズクライム。
まだ続けておりました。

目出度くライバル(と勝手に断定)としていたster。
これとは激しいバトルを繰り広げた後、見事に引退に追い込んだ次第です。
ええ、悪です私は。

平穏無事な生活に戻り「つまらんなあ。もうやめるかな・・・」なんて、アンニュイな生活を送っていたら・・・

新ライバル登場!

しかも今度は国際戦だ!!

相手は台湾人。

このインベーダー野郎。
台湾人なんだから台湾のマップで遊べば良いものをわざわざ日本にまで来ている。
その上、我が地元の「××県」、しかもマイナーな「×地域」にまで進出して来ている。

行く先々の建物で出会いますからね。

お前どれだけマイナーなんだ!?
ってな話ですよ。ええ。

まあ、そのインベーダー野郎(レベルは相手の方がかなり上)と、これまた激しい血で血を洗う様なバトルを繰り広げました。

結果・・・勝利!!

鬱陶しいちょっかいが消えました。

日本はこれで安心だ!と思ったのも束の間・・・

そいつが泣きついたのか、今度は同じギャング団が2人掛りで攻めてきやがりました。

まーーー困ったものです。

レベルはもちろん私よりかなり上、しかも2人掛りなので倒したと思って、次に行くと、倒した筈の相手が復活。
もうこれの繰り返し。

何度病院送りされた事か・・・

その2人も同じかそれ以上、病院送りにしてやりましたがそれでも辛い。

何と言うか、あれですよ。
ジェットストリームアタック。
あれ。

そして踏み台にしようにも踏みようがない。orz

私も他に仲間がいれば手分けをして攻められるのですが、仲間なんていやしない。
一応、一人社員の子がいつの間にかやっていたのですがレベル的に頼りにならない。
それにこのゲームは「どれだけ粘着するか?」がポイントなので、若い社員にそんな事を教えられない。

という事で今はもうボコボコ状態です。

今朝なんて6時ちょっと前に目覚めたので、「この時間なら時差の関係で起きてはいまい!ふっふっふっボコボコにしてやる!」と思って攻めたら、2人に猛ラッシュ喰らいましたからね。orz

お前ら・・・

台湾だとまだ朝の5時だぞ!!

そして過去の記録を見てみると、30分毎に攻めてきてやがりました。
あいつら寝ないでゲームしてやがる・・・。

その30分後には仲良く就寝したのか音沙汰は無くなりましたのでやっと寝たのでしょうね。
でもまた午後2時過ぎになったら復活して攻めて来やがりました。
お前ら夫婦揃って何してんだ!?という感じですよ。ええ。

しかもこいつら・・・
こちらが強い装備をしているのを見て、私が寝ている間に同じ装備買ってましたからね。
(リアルマネーで)
どれだけ悔しかったんだよオイ・・・。

という事で、ガッツ石松でもない私は2対1のバトルが続く今の状態にお疲れモードです。

援軍が期待できない今・・・
名誉なき撤退ですかな。

まあこれを機会に犯罪人生から足を洗い、まっとうな道へ進むべきなのでしょう。

と、これを書いていたらレベルが上がったぞ。
うーむ。

でもやめる日は今日か明日でしょう。

尖閣諸島でちょっかいを出してきた台湾に、いくら親日国とは言え鉄槌を下さねば!と思っていましたが、ちょっと無理みたいです。

~追伸~
ちなみにこのゲーム。
システムがよく分からないのですよ。

例えば空港。
ランキングが出るのですね。
そして一位の者にはキングの称号が与えられる。
また、キングとなるとその場所は自分のテリトリーとなる。

にも関わらず、何故かその場所で戦闘に負けると「ちびぴたは台湾人に病院送りにされて空港を譲り渡した」とニュースが流れます。
でもキングのままです。

またもし自分の手から譲り渡した場合、その人がまた誰かに病院送りにされたとすると、こちらのニュースには表示されないので、誰の手に渡ったのかは表示されない。
って事はキングって何!?という感じなのですよ。

訳が分からずネットで調べてみましたが、ゲームがあまりにもマイナー過ぎるため何も情報はない。

キングである意味がよく分かりません。
そして「譲り渡した」ことによる損害や利益が分からない。

まあ、それなりに楽しめたので良いとしましょう。
無料の割には良く出来たゲームでした。

台湾人とゲームをしたのは初めてですが、なかなか民族性が現れていて面白かったです。
ちょっと諦めやすいところはありますが、数で勝ると嵩にかかって攻め立てる。

是非ともその調子で中国本土を赤の手から取り返して欲しいですね。

| | コメント (3)

2012年9月18日 (火)

ザトスティックに攻めてやる

はい。
皆様ご無沙汰、ご無沙汰、ご無沙汰いたしておりました。
いや、一昨日からiPhoneのゲームにはまっておりまして、それについて書こうかなあなんて。

ゲームの名前は「犯罪人生ライフ イズ クライム」。
これがですね、教育上非常に良くないゲーム。

タイトルの通り犯罪をどれだけ犯すか?というゲームです。
と言っても、ブツの売買だとか密輸だとかの文字だけのゲームです。
それも大して重要ではない。

が、面白さはそんなところにあるのではなく、ポイントはこれ!

地元が出てる
地元の近所の銭湯やらコンビニやら飲み屋さんが舞台。
そしてそこで生意気なライバルを倒してキングになる。

基本的に半径1キロくらいの範囲。

そして何より面白さを感じるのが、他のプレイヤー皆殺しです。
特に、自分を殺した相手は「リベンジ」というリストで表示されて、その相手に死の負債を返済して行ける。

昨日なんてアレですよ。

ある一人の、恐らく子供と大バトルです。

※子供と認識できるのは、ギャングスターというのを英語で付けようとして、「star」であるべき所が「ster」となっているのですね。
その上、どう見ても「あんたそれ自宅の電話番号だろ?^^;」という数字が書いてある。

まあ、そんな子供と殺したら、殺し返されて、それを何度か繰り返していました。
そして「こりゃ一丁、ボコボコにしてやらねばならんな・・・」と思い、まさに粘着。
もう数え切れない程殺してやりました。

すると今朝・・・
ま~たこりずにリベンジに来た。

そこからですよ面白いのが。

こちらが殺す

相手がお金(ゲーム内通貨)を支払って退院する。
※殺されているのに何故か入院というのが良いところです。

私を殺す

退院してリベンジ

相手がリベンジ

こちらがリベンジ

これをまあ5~6回やりましたかね。

もう相手が剥きになっているのがよく分かる。
何故なら私も剥きになっていましたから。
うはははは^^

そしてその後は小学校か中学校でも始まったのか反応無し。
なので30分おきに一方的に叩いて、相手のリベンジリストを増やしている最中です。

ちなみにこのゲーム。
攻撃する方が必ず勝ちます。
なので多少のレベル差は関係ない。

問題はどちらが強力な粘着気質を持つか?です。

粘着嫌いの私ですが、このゲームはほら。
犯罪ゲームですから。
どれだけヘビの様に陰険に、残忍な事が出来るかです。
粘着のためのゲームと言っても過言では無いでしょう。

と言うよりも、それ以外やる事ないですしね・・・。

まあ、プレイヤー人口も恐らく私の近所では10人未満でしょうから、しばらくこれでのんびりと遊ぼうかなと思っています。

ちなみに課金する事も可能ですが現在は無課金です。

その「ster電話番号」君がどんどんヒートアップして盛り上がった辺りで、大人の力を見せ付けて一気に課金して叩きのめしてやろうかと悪巧みしています。
うはははは^^

子供には大人の強さを見せ付けなくてはなりませんし、そして何より挫折が必要なのですから・・・。
ええ。

犯罪ゲームをしているので心の底から悪となった悪ぴたです。

うははは^^

| | コメント (3)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »