« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月30日 (火)

犯罪人生の総括

犯罪人生を終了しました。

色々と思う事があったので総括してみます。

まず「現実の地名、店名が出る」というのは面白いです。
何となく「この場所だけは譲らんぞ!」という気になる。

また、自分のいる場所に合わせてエリアが変わるというのも面白かったです。
なので、旅先やら出張先でエリアを探す楽しさがある。

ゲームシステムとしては、レベルが10くらい上の相手でも攻撃して勝てるというのは良い。
同じ時間に真っ向から戦うと攻撃力の差でボロ負けしますが、相手が見ていない内であれば大丈夫というのが良い。
そして負けても30分間の休憩タイムとなるので連発して殺される事がない。

悪い点としては、攻撃するためのスタミナが少ない。
24レベルまでいってたったの22しかありませんからね。
1回の攻撃で1~2を使うというのに。
しかも相手の回避力が高いと3連続ミスなんて事もある。

まあだからこそRMを投資するのでしょうけど。
(100円でスタミナ満タンに出来ます。)

さて、私が広げたテリトリーは約500。
その中でキングとなったエリアが最高300位です。
で、毎日入ってくるお金が最高で6.7M。

これは最初の頃は良いのですが、24レベルともなりますと武器一個に70Mなどと掛かりますので、ちょっと微妙な額です。

そしてそしてゲームを終えた感想。

①携帯でのネトゲは私生活に支障を来たす。

いつでも、どこでも手軽に出来るので、ついつい触ってしまいます。
また自分のテリトリーを狙ってくる相手とバトルを繰り広げるともーー大変。
他の事はそっちのけでゲームに夢中になってしまう。

イラッとしますからね。
攻められると。
そのため、実生活では何の問題もないのに妙にイライラしたりしてしまう。

これが分かっただけでも良かったです。
「もう携帯でのオンラインゲームはやめよう」と思えましたから。
良い経験となりました。

携帯のソーシャルゲームでぼろ儲けする企業があるのはよく分かりますね。
あれは確かに剥きになります。
また、簡単に課金出来ちゃいますしね。

年金暮らしの老人には向いているかも知れませんが、子供や多少のお金の余裕がある大人は手を出さないのが吉ですね。
私はもう二度と携帯のソーシャルゲームはしない事にします。


②ゲームシステムとしては面白い。
上に書いた様に悠々自適の暮らしをしている人。
時間に余裕のある人。
または絶対に課金もしないし、負けても、何をされても気にしない。という人であれば十分楽しめるのではないかと思います。

ちなみに私は数千円課金しました。
そのお蔭でなかなかの強さにはなりましたが、その強さが発揮されるのはかなり下のレベルの人が攻めて来た時だけ。
ちょっとむなしくなる課金でした。

まあ、犯罪人生。
私の粘着によりアプリを削除した人も何人かおりますし、フレンドに対して裏切り行為をして壮絶なバトルを繰り広げたりもしましたが、けっこう真面目にやって楽しかったです。

という事で・・・
よそ様に勧められるゲームか?と問われれば、正直なところ「暇潰しで一ヵ月くらいやるなら良いかもね」という程度です。
もちろん無課金で。

さて、しばらくは謎解きゲームでもしますかね^^

| | コメント (0)

2012年10月 9日 (火)

今月で終了

はい。
犯罪人生をまだ送っておりました。

前回書いた台湾のギャング団とは何故かフレンドになり、毎日の様にプレゼントを贈りあっています。
不思議なご縁ですな。

そして今は毎日やってはやられてを繰り返している、レベルがかなり上の香港人とバトルを繰り広げています。
その前にも香港人とかなり激しいバトルを繰り広げたのですが、これはまあ勝ちました。
ちょっかいが無くなりましたから。

でも正直なところ、バトルが無くなるとほっとします。

ただ不思議とバトルが無いとゲーム自体に興味が無くなります。

これがこのゲームの狙いなのでしょうね。^^;

という事で、どんなに長くやっても今月(10月)いっぱいと決めました。

ついつい課金したくなっちゃうのですよね・・・
どこの場所に行っても縄張りに出来る所はないか?と探しちゃいますし。

仕事に差し支えるまでは行ってはいませんが、精神上あまり良くないなと。^^;
イライラする時があったり、他の事をそっちのけでやってしまっていたりするので。

まあ、不思議な面白さがあるゲームではありますが、また新しい少し遊べるゲームを探してみるとします。

その前にバイオ6が出るか・・・

どんなでしょうかね?
面白いですかね?

家にはゲーム機が無く、また出来る家庭環境でもないので難しいですが、いつの日かやってみたいものです。^^

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »